2016年04月13日

内科と栄養指導

今朝は、数ヶ月に1度の、
内科と栄養指導へ行って来ました。

内科の方は、
血液検査の結果があまり良くなく、
「これは、治療が必要な段階だよ」と、
先生に言われました。
悪玉コレステロールが、高かったのです。

同じクリニック内の、
そのすぐあとに行った、栄養指導の先生の見立てでは、
この血液検査をした時期、
私はよく、夜食に走っていた時で、
しかも、その夜食が、
カップ麺だったり、油ものだったりしていたのです。
沢山食べてしまって、後悔の日々でした。

今は、あまり夜食を食べなくなったので、
今回行った、血液検査の結果が良ければ、
大丈夫だろうとの事でした。

こうして、同じクリニック内で2つ受診をすると、
こういうメリットがあるのですね。
カルテが同じなので、
色々な面から診た意見が、2人から聴けるというもの。
ここ、好きなんですよね。

看護師さん達は、今日は朝から忙しかったみたいで、
バタバタしていました。
ちょっと、今回から新たに導入した診療があったのです。
なので、
あまり話せず、ちょっと寂しい気持ちもあったのですが、
仕事ですから、こっちもあまり話し掛けませんでした。
それでも、履いていたスカートを「春だね」
と、褒めて下さいましたが。
素直に、嬉しかったです。〇(*^w^*)〇
わ〜い。
白地に花柄のスカートを履いていたんですよ。

それはともかく、
栄養指導の先生には、
しこりと乳汁が無くなったと話したら、
「え?」と、言われました。
そうですよね、それが正常な反応ですよね。
「どういう事?」と。
で、経緯を話したのですが、
やっぱり、今の医療が全てではないのだと。
発展途上なのだと、言っていました。
なので、統計学に当て嵌まらない私のようなケースは、
除外されるのですよね。
先生は、そこの処をよく理解してくれていて、
この4月からにも、そういう事があったようです。

患者の負担する医療費は、点数で決まるのですが、
その点数が上がったとの事でした。
いわゆる、お給料が増えた、という事なんです。
何でお給料が増えたかというと、
『”食”で、人間の健康を守る事が出来ると、
以前より評価された』という事です。
なので、点数が増えたのです。
長年、”食べる事より、薬の方が身体への効き目がある”。
そう解釈されていて、
まあ、ぶっちゃけ薬の方が、効果が早い訳です。
食べ物に関していうと、即効性はあまり感じられない。
そう認識されて来たのですが、
それがそうではない、という意見も、
立証されて来ている訳なんですよ。

私は、『食べて痩せる』という、
先生の治療方針を行って、20kg痩せました。

それに、薬は飲めばいいだけで効きますが、
食に関しては、先生が、こうして欲しい、と言っても、
実際にはやれない患者さんも、いる訳で。
食事を改善させるのは、中々に難しいのです。
それもあって、点数を上げられなかった、
そういう事でもあるとの、先生の言葉でした。

薬と食。

私は今、
麦芽がプロラクチンを下げるという情報を得て、
毎日、ミロを飲み続けていますが、
これも、続けて行こうと思っている訳です。
食の効果が、どれ程大きいのか、
自分の身体で知っているので。
教えてくれた友達に、感謝。

医療の成果を立証するのは、
物凄い時間と手間と、費用が掛かるのです。
なので、
食より薬の方が、一般的に優遇されているのです。
そっちの方が、正直、お金も取れますしね。(−−)

薬の副作用で食欲の増進があったのですが、
今現在、薬を変えた処、
晩ご飯後の、おつまみとフルーツを、止める事が出来ました。
そんな訳で、食べる量がかなり減り、
今回は、食への悩みが今の処見つからず、
先生は、「出番がないね」と、言っていました。(笑)

薬を変えてから、
夜食の数もめっきり減り、
水分摂取量も、かなりな量が減ったのですから。
そして、朝、元気に起きるようにもなったのです。

次の予約を取って、
内科と栄養指導を、後にしたのでした。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 病気 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。