2016年07月20日

『食』の正しい取り方

内科と、栄養指導へ行って来ました。
内科の方の、血液検査の結果が、あまり良くなく…。
この数値が高いと、動脈硬化・脳卒中などを起こし易くなります。
もう少し様子を見る事にはなりましたが、
毎回高い数値を出しているので、
多分その内に、薬が増える事になるでしょう。
また薬が増えるのは、本当に心底、嫌ですが、
病気まみれの身体です。
死ぬまで薬漬けなので、諦めた方が良いのかもしれません。
しかし、薬の副作用が怖い…。
飲み過ぎで、薬剤性乳腺症に掛かりましたから。
動脈硬化も、同じく、です。

栄養指導の方は、順調に体重も減っていて、
まあ、今の段階は良いとの事でした。
ただ、私の感覚でですが、
食べ過ぎの傾向が見られると思っています。
正し、夜中では無く、朝や昼に、
おやつ代わりに、生野菜や、
フルーチェを食べてしまったりするんです。
その事を告げると、
「朝や昼ならいいじゃん。」と、笑顔で言われました。
…うん、せんせい、わかってるんだよ…。
夜中に食べる事が、どれだけ負担が朝と昼とでは違うかなんて…。
と、思っていたら、
「ちゃんと自分で考える事が出来てる。」と、
また笑顔で言われてしまいました。
う〜ん。
この先生には敵わないです。(*−"−*)

そうなんですよ、出来てるんです。
しかし、不安になるんです。
いつもと違う事をすると、何かががらりと変わってしまうのではと。

先生が言うには、
私の身体は、今、体調やその他諸々、
変化の時期らしいのです。
幼虫がさなぎになって、脱皮をするかの如く、
生まれ変わる時期、のような。
良い方向へ、向かっているらしいんです。

朝陽を浴びないと、目覚められない、とか、
浴び過ぎると、具合を悪くするので
そういう場合は、薄いカーテンを閉める、とか。
そういう事をしていると言いましたら、
それでいいよ、と、言われました。

睡眠に関してもです。
連続睡眠時間が、以前より更に悪く、
2時間半しか眠れないと言うと、
1日トータルで、6時間取れていると良いと言われているよ、と。
なので、お昼寝でも良いらしいのです。
とにかく、トータルが大事らしいのです。

それなら、ぎりぎり6時間程取れているかな、と…。

お昼に、パンと生野菜サラダのみを取っていたのですが、
それが少なく感じて来た、と告げ、
400kcal位のお弁当に変えて良いですか?と言ったら、
「それでいいよ。」とも…。

何だ、自分出来てんじゃん。(*="=*);
との結果だったのですよ。

しっかり考えて、しっかりやれている。
自分でやれている。

なので、少し自分を信じてみようかとも、
考えてみました。

『食』って、難しいんです。
絶対に太れないから、慎重にもなるんです。
怖いのです。

でも、先生はそれも解っていて、
ちゃんと認めてくれるんです。

これからもよろしく、先生、ありがとう。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 病気 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。