2016年10月29日

寄り道人生

ふ〜〜む…。(*−−*)
作品のアイデアというものは、
色々なものを見て、自分の中に蓄えて、
噛み砕いて出て来るもののようです。

作りたかったものを作り終えると、
空っぽになった感じがしてしまい
本当に次のアイデアは出て来るんだろうか…?
なんて考えた時期もありましたが、
出て来るんですよ。
不思議…です。

『制作・創造』というのものに触れて、
大分経ちました。
なので、
自分の中で、それらが定着しているようですね。
まだまだ未熟なので、
もっともっと上を目指して、
創作をして行きたいです。

元々、図化工作や美術が好きで、
学生の頃はよく”5”を取っていたのですが、
反対に、体育はいつも、”1”でした。
担任には、
「これを平均出来ればいいのにね…。」
と、真剣に溜息をつかれましたが、
未だに私はその考え方には、賛同出来ません。

”平均”を取る事より、
何かに特出したものを持つ方が
絶対にいい!!!
…子供の頃からずっと思っていた事です。

でも、
当時は”平均が良い”とされていた時代で、
今はどうなんでしょう?
未だに”平均が良い”という風潮は、
あるのでしょうか?
解りませんが、
のちのち、
こういった人生を歩んで来て、
やはり得意な事があって良かったと思いました。

色々な職種を渡りましたが、
中でも
家の平面図を描く仕事は楽しかったですね。

子供の頃から、
家の平面図のチラシを見るのが、大好きだったのです。
よくそんなチラシを、何枚も数時間眺めておりました。

それを見て、
「将来、住む家はこんな処がいいなあ〜♪」
なんて、夢見ていたんです。

その内に、
”手描きで描かれている”という事を知り、
(※当時は家の平面図は手描きが多かったんです。)
”私も描いてみたい!”と思ったのが、
この仕事をやり始めた切っ掛けでした。

でも、
1日8時間以上描いていても終わらなくて、
徹夜が当たり前でした。
その割に、お給料は安く…。

交渉をしたんですが、
結局話し合いに応じてくれずに、
キレて辞めました。(−"−;
…今でいう、ブラック企業…?

その後、今度は平面図を起こす仕事もしましたが、
…あれは、もう無理です。(TДT);ノ

物凄く難しいんですよ。
あの時も、寝ずに仕事をしてました。
簡単な家なら今でも描けそうですが、
でも現代では、
もうパソコンで描くものでしょうね。

丁度、
手描きの良さと、
パソコンの快適さの狭間に
差し掛かっていた時代だったのです。

色々やったけれど、
やって良かったなあ…と、今では思います。

全く違う職種もしましたけれど、
私には、今やっているこの仕事が、
一番しっくり来るようです。

人生なんて、寄り道ばかりした方が、
色々と見えて来るものもあるんです。

まあ、一本道も、
歩めたら歩んでみたかった気はしますけれど。
でも、そうしていたら、
今の私はいなかったです。

あ、それも有り?(・▽・;
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。