2016年11月01日

乳腺症の経過

乳腺症の状態を診て貰う為に、
乳腺科の病院へ行って来ました。

今回もエコーをしたのですが、
身体に塗るジェルを温かくして貰っていたので、
今回はすやすやと、気持ち良く寝てしまいました。
あっという間の、30分間でした。

状態は、良好との事です。
しこりは、出たり引っ込んだりするようなのですが、
今までで一番、結果が良かったよと言われました。
ふぅーー…。
少し安心しました。

正し、悪性になるか、そのまま一生、
良性でいられるかは、
まだ若いので、解らないとの事です。

私は、来る時が来たら、
足掻く事無く、死を選ぶつもりでいます。
もう、人生に心残りは無し。
十分生き切った、そう思っています。
後は、全て運に任せる事にしています。

そもそも、選んで来た選択肢が、
どうにも良くない方向へ行く人生です。
…昔、母親が言った通り、
サタンがとりついているのでしょう。
母は、私の人生を呪いました。
あの頃から、私は堕ち続けています。

”只、今、この瞬間の為だけ”
人間は、
その瞬間の為だけに、精一杯生きているのだと
私は思っています。

生まれた事にも意味は無し。
死ぬ事にも意味は無し。
ただ、”今”の為だけに。

なので、”死”は怖くはない。
ただ、死ぬだけなのです。
その瞬間だけが、怖いだけ。
その後は、もう全て、別世界での話なのです。

そんな訳で、受診が終わった後、
ストレス発散の為、
一駅先にある、衣料品店へ行って来ました。
ちょこっと買い物をして、
その町を歩き、
帰りにエレベーターの
非常ボタンを間違って押してしまい、
駅員さん数人に怒られました。
すみません。m(_ _)m

でも、ちゃんとすぐに、
対応して下さるのですね。
それには凄く感心しました。

場所によっては、
無視される処もあると聴きますからね。
この駅は、安心と信頼の置ける場所だと感じました。
しかし、私の間違いは本当に、
駅員さんにご迷惑をお掛けました。
ビックリしたようで、相当怒られましたから。
不安が怒りに変わったようでした。
本当に、申し訳なく。
以後、気を付けます。

アクセサリー作りに必要なものも、
少し買い付けをして、明日から再度制作です。
何はともあれ、
充実した1日になったのは確かです。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 病気 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。