2016年12月29日

映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』

いや〜!難しかった…!
…と、いうのが感想な映画でした。

ネタバレ含みます。



ヒロインが何かを隠しながら、
福士蒼汰さん演じる『高寿』(たかとし)と出会い、
日々を重ねて行くのは解っているのですが、
まさか、こういう展開になるとは…。

これは、物理や天文学に、
ある程度知識がないと、少し理解し辛い映画だと思ったのが、
個人的な、素直な感想です。

いわゆる、
世界観的には『パラレルワールド』な訳だったんですね。

抽象的な言葉ならヒロインからは出て来るんですが、
ハッキリとした、何を指す事なのかを言わない部分が多く、
かなり頭を悩ませました。
う〜ん…、
物事を素直に読まない、
頭の固い大人になったという事なのかしら?私。(汗)
”ただ、面白い”だけでは、映画は観ませんもので。
なので、深く追及する程に面白いストーリーになります、これ。

ヒロインの言動を、こうして観る者に考えさせるのが
この作品の魅力の一部なのだと感じました。

逆行する時間。
順行する時間。
その中で出会った主人公達。

物語は、高寿から見た順行の時間軸で進むのですが、
これをヒロインの『愛美』(えみ)から見たら、
どうなるのだろうか?と、帰ってから考えていました。

愛美から見たら、
高寿は逆行した時間軸に居る、という事なのかしら…?
パンフレットを見ていると、そういう事になるように思えて来るのですが、
色々と考察を繰り返していると、増々解らなくなります。

0から始まる人生。
100から始まる人生。

愛美は、どうやって産まれたのだろうか…。

色々と疑問が湧く処が面白い映画でした。

個人的に、福士蒼汰さん好きです。
良い演技をされます。



さて、50%OFFのお洋服、買いました。
この時期はお安くなりますね、色々と。
更にそこからポイントを使い、
結局、
315円のお値段のお洋服になりましたぁ。
わぁ〜い。
そして、かばんも買いました。
こちらも、2000円もしないものに。
見た目はピンクのシンプルなかばんですが、
これはチャームを色々と付けられる、
工夫の出来るものだなあと。
自分で作って、付けてみよう。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。