2017年02月05日

理由

お久しぶりです。
ご無沙汰していました。
何度も足を運んで下さった方がいらっしゃいましたら、
本当に申し訳ない思いでいっぱいです。

この2週間弱、何をしていたかと言いますと、
少し休養をしておりました。
一旦全てを自分から切り離して、
心と身体の休息を計っていました。
お陰で大分楽になって来た処です。

このブログを見ておられる方々は、
一体どんな方々なんだろう…?
なんて、何処を経由して辿り付かれたかは、
本当に人それぞれだと思いますが、
”見られる事”に不慣れな私は、
本当に、ひっそりと書いていたつもりだったのですが、
私が、”アクセサリー作家”だと認識されて来られた方にとっては、
異端だったんじゃないかと、
ふとそんな疑問に陥り、
恐怖におののいておりました。

元々、
このブログを始めたのは10年以上前で、
その頃の私は、アクセサリー作家でもなく、
ただただ背負って来たものが深く、
足掻いて足掻いて、
必死に生きる事だけを考えていた
一人の、闇を抱えた人間でした。

その道のりを記したのが、このブログだったんです。

ただただ、自分が生きているという事の確認が欲しかった。
内に秘めた過去の歴史を、誰かに大声で訴えたかった。

ただそれだけだったんですが、
いつの間にかそんな自分が、
一歩前へ出て、
良い機会に巡り合い、
アクセサリー作家という華やかそうな仕事に就き、
お客さまに接する仕事をしていたというのが、
現状です。

…昔から見て下さっている方は、
どの位いらっしゃるんだろう。
そして、最近覗いて、
見始めた方、
または時々の方々は、どの位…?

数値が記す上下が、怖くなっていました。

ブログというものが、
まだまだ浸透していなかった頃から書いていたので、
最近のSNSの普及には驚くばかりの自分が居て、
足を踏み入れたら、
楽しさより先に立つものが出て来ていたのです。

気付いたら、ただの孤独な人間でいられるような立場じゃなかった。
華やかさの裏にある私の人生が、否定されている事にも気付きました。

アクセサリー作家は夢を売る仕事なのに、
そんな私が、果たしてこのようなブログを書いていて良いのだろうか…?
ずっと思っていた事でした。

怖くて怖くて、仕方なかったんです。

なので、プライベートと仕事は切り離したい。
そう思うようになっておりました。

人に認めて貰い辛い考えかとも思うのですが、
作家を続けているが故の、葛藤があったのです。

誰かに訴えたい、から、
誰にも見られたくない、に、
変化していた自分に気付きました。

…ブログが、書けなくなって来た。
そんな感情に支配され…。

病気と私は、切り離せない。
でも、華やかでなくちゃいけない。
皆んな、どうやって暗闇を隠しているんだろう…?
他の作家さん方の事が、気になり始め。

現在も、私の中で答えが出た訳ではなく、
考える事が、考えなくちゃいけない事が、
沢山ある中、
それでも毎日、病気と闘い続けていて、
そんな日々の中を、蛇のように擦り抜けて行く事に精一杯で、
もがいています。

…買いづらくしてしまって、ごめんなさい。
これが私なんです。
でも、やっぱり買いづらいよね…。
ごめんね…。
そんな思いで、いっぱいです。

華だけじゃない自分に、泣きそうな自分が居る事にも、
自分の中には、他人に理解し辛い暗闇がある現実にも、
目を逸らせない。
そんな私が居るのです。

中途半端な記事になってしまって、ごめんなさい。
ただただ、
蛇のように、亀のように、
歩いて行く事しか考えられないのが、今の現状です。

ごめんね…。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。