2017年03月21日

ゆとりがある為…?

薬の副作用の為、また体重が増え出しました。
ここ数週間で、2kgも増えたのです。
この食べたい欲求の出方…。
明らかに”普通の食欲”ではなく、薬によるものです。
何度も経験しているので、薬でわっと湧いているのか、
普通に湧いているのかの区別がつくようになりました。

尋常じゃ無い程の量を食べてしまいます。
当たり前ですが、翌日の体重にビックリしてしまいます。
この感じ…この、食欲の湧く感じ…、正直、怖い…。
背中からぶわっと欲求が襲って来る感じがするのです。
そうなって一度食べ物に手を出すと、もう止まらない。
とことんまで食べ尽してしまうのです。
なので、うちにはあまり食べ物を置かないようにしているのですが、
それでものりりには食べたいものがあり、
私の目に入ると、のりりのものでも手を出してしまいたくなる…。
この悪循環に、いらいらが募るばかり…。

すぐに食べてくれるのなら、OKなのです、私的には。
しかし、何ヵ月置いてある?何週間、これ放置…?
といったものが多くて、
私は目にする度に、ほかしてしまうか私のお腹に収まるかの瀬戸際で、
意地悪をされているような気がして来るのです。
そんなに私を弄んで楽しいか?!
と、ちょっとしたケンカになる位です。

食べるなら、さっさと食べて欲しい。
食べないで数週間も数か月も、ものによっては数年も、
置いては欲しくない訳です。
私の病気が掛かっているんだから。

看護師ののりりは、合併症がどういったものなのか知っているはずなのに、
それでもおおごとだとは思ってはくれないのですね…。
まあ、そういう人ですよ、この人は。
自分は病気じゃないから、好きなものを食べて良い、
なんて、私の目の前で言いますから…。
そんな処に、すでに幻滅と呆れと諦めを覚えてしまった自分が、
本当はイヤです。

向精神薬の副作用は、異常なものが多いです。
それだけの量を飲み続け、どっぷり浸かった薬まみれの私の身体は、
もう、普通とは呼べません。

時々、フッと我にかえって、
この異常さに泣きたくなる時があります。
普段は考えないようにしているのですが、
やはりフッと考えてしまう時がある。
虚しさと、孤独と、生きる価値を見失う程の、悲しさが溢れる。

のりりはどうしてそんなにお金の無駄遣いが出来るの?
結局、捨ててしまうものの方が多いのに。
情けなくはないのかい?
そんなにゆとりがあるのかい?
…色々と、聴きたい事はあるのに、
いつもはぐらかされます。

還りたい…何処かに還りたい…。
そんな途方もないような事を、考えてしまいます。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 統合失調症 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。