2017年04月11日

歴史は黒い

少女漫画を読んできゅんきゅんしていた頃が懐かしいです。
…あの独特のきゅんきゅん。
少女の時でしか感じられないきゅんきゅん。
きゅんきゅん…。
何も知らない真っ白な心でしか感じられないきゅんきゅんは、
大人になればなる程、遠のくものです。

というのも、今テレビをつけましたら、
『プリパラ』というアニメ番組が映っているので何となく観ているのですが、
とてもきゅんきゅんする内容だなあと思いまして…。
うう!
幼稚園や小学校低学年の頃に戻りたい!( ノД`)おお。

夢や希望に疑問を持たずに、大人になる事に戸惑いを感じず、
毎日友達との絆作りに燃え、幸福感で満たされ、
その傍ら勉強と遊びに追われる事を褒められ、
大人の言う通りに自由を貰い、護られる子供…。

あれ?
私、結構遠い生活を送っていたなあ…。(?△?)
うう、思い出したら泣けて来る…!( ノД`)おお。

いいなあ…。
夢とか希望…。

全く無かった訳ではないのですが、
毎週宗教の勉強会へ通わされ、大会への出席の為に週末を潰し、
やりたくない事を強いられ、自由など程遠い、ガチガチの(食)生活を繰り返し、
いやでいやで仕方ないボロボロの心と身体で、うっぷんは汚い言葉で吐き出すしか無かった。

未来へ向けた手紙には、「自由に生きて欲しいです。」だった…。

はて。
今自由だろうか…。(?Д?)
自由ってなに…?

取り敢えず病気持ちです。
そして明日は病院です。

人はそれを黒い歴史と呼ぶ。
うーん。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 病気 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。