2017年04月22日

にゃんたんの『生』

にゃんたんを動物病院へ連れて行きました。
体重が激減したので心配になり連れて行ったのですが、
血液検査の結果、白血球が異常に高かったのです。
身体のどこかが炎症を起こしていて、数値は300以上ありました。
ネコの場合、基準参考値は55〜150です。

この間、熱があるなと思ったのは私の杞憂ではなく、
本当にあったのだと思われます。
体重も獣医さんに計って貰ったら3.4kg。
かなり軽いです。
にゃんたんの体重は大体4kgが少し軽めな位。

とにかく、2種類の錠剤の薬を貰い、
プラス今飲んでいる薬も2種類飲み、
計4種類の薬を飲み続けてみようという事になりました。

一体どうなるのか解りません。
どこが炎症を起こしているのかが解らないので、
どうにもこうにも…。
調べられないのです。
死に直結しなければ良いのですが………。

あまり心配し過ぎるとにゃんたんにも伝わりますので、
普段と同じように接しますが…。

私は、ある時期からある程度覚悟が出来るようになりました。
逆に、まさか13年も生きて、私の傍にずっと居てくれている奇跡の方に驚いていますし、
その時が来たら、当たり前に辛いと思いますし、
苦しいと思いますし、その先の自分もある程度想像が出来ますし、
半身を失ったかのような感覚になるのは解っているのです。
でも。
それでも。
私はある程度覚悟が出来ているのです。

夢にまで見る位に、覚悟と、その時…その瞬間があり、
ぶわっと涙が出る自分を何度も疑似体験しますが、
それでも、私は”知る為に”、今にゃんたんと一緒に居るのだと思っています。
生も死も、私には意味は無い。
けれど、そんな私ににゃんたんはずっと付き添ってくれているのです。
それには、無駄は無い。
だから、そんなにゃんたんの最期を見届けるのが、母である私の役目なのです。

拾った時からずっと、
いつか居なくなるにゃんたんの死を怖がり泣いていた自分です。
でも、「今を大事にして欲しい」。
そう言ってくれた元友人が居た。
あれから大分経ちましたが、
その言葉が少し解る位には、自分も成長したのではないかと思っている。
今はその元友達に感謝をしています。
ありがとうね。

私には意味は無いけれど、にゃんたんには意味が有る。
にゃんたんの生には意味があるんだと、そう思っています。
少なくとも、
私はにゃんたんのお陰で引っ越す事が出来、
にゃんたんはあの家を出たから生きながらえる事が出来た。
2人で一緒に、この10年以上を共に過ごしたのですから。
この奇跡に、これからも感謝をし続けます。
”共に居られる事に意味が有る。”
そう思えるようになっています。

にゃんたん、ママは13年掛かったよ。
覚悟が要るのにさ。
ママは大丈夫。
にゃんたんは好きなように、のんびり生きなさいね。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 愛猫にゃんにゃん | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。