2017年04月30日

どう生きるかを迫られる世界

風邪の影響で、食欲が落ちています。
お昼ご飯を食べるのが億劫で、落ち込みながらもぐもぐ食べています。
ある程度は食べなきゃ回復も無いですから。

そんな訳で、まだ風邪は完治しておりません。
どうやら今年の風邪はしつこいようです。
のりりの職場先の方も、何人か風邪をこじらせているとか。

とにかく咳が止まらないのです。
市販の薬も飲んでいるのですが、少しずつ何となく、
回復に向けて効いているのかな…?な位です。
まあ、風邪の原因を元から断つなんて風邪薬は、存在しないらしいですが。
説明書にも書いてありますが、
風邪薬は”緩和する”のが基本の効き方なので、
ばばーん!と治すものでは無いのです。
もしそれが開発されれば、世界は変わります。

とにかく寝る事が一番の治療になるので、
寝まくっておりますよ。
にゃんたんにはちょっとだけ耐えて貰って、
今だけ寝かせてね、と、ゆっくり寝ております。
その代わり起きたら盛大に、待っていてくれたにゃんたんを褒めまくります。
「ごめんね〜!」「大好きだよ〜!」と…。
色々と状況を説明していると、にゃんたんも大体解ってくれるので、
有り難いですね。
年々言葉のコミュニケーションの幅が増えて行っています。
これも13年生きていてくれているから、です。

見た目は赤ちゃんで、性格も大体自我を持つ位の子供なのですが、
にゃんたんはどんなにゃんたんも可愛いし好きです。
大好きです。
言葉を理解しようと、全力でママを見つめて来るにゃんたん。
…良いこに育ったなあ…。(*T皿T*)
そして、成長したなあ…。(*T皿T*)

身体の事が心配ですが、今すぐ何とかなる病気ではないのは承知。
これから、薬も替える事も検討しています。
腎臓の検査の数値が良くないので、今のにゃんたんに合った治療をして行きたいです。

さて。
私はというと、薬の調整の時期に入っています。
増えたり、減ったり。
季節の変わり目なので、自分で自分の事を理解し、管理しないと、
体調をすぐに崩すのです。
それに合った薬を出して貰えれば…といった処ですね。
ただ、薬によって乳腺症になっているので、
飲める薬も少ないのが実情です。
その中で身体に合った薬を見つける事を何年もやって来ました。
最近は、症状も落ち着いて来ているので、減薬・変更に努めています。
ある程度はもう減らせない位にギリギリの数を飲んでいるのですが、
それでもかなりな量を飲んでいるので、
その内腎臓の方が泣いて来るでしょうね。
覚悟はしています。

命は短いかもしれないけれど、太く濃く生きたい。
にゃんたんより先には死なないようにはしたいですが。

今、地球はおかしな事になっていますよね。
それに付いては色々と言いたい事や思う処はありますが、
いつ死んでもおかしく無い状況です。
だからこそ、日常を精一杯生きる事が大事な時期に入っている。
私はそう思う訳です。
天災か事故か、もっというと人の行動の選択次第では、危うい世界に。
心が痛みますね。
もし亡くなるなら、にゃんたんを護って去りたいと思う位です。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。