2017年05月06日

スガさん『雨ノチ晴レ』

『雨ノチ晴レ』。

今日、DL配信が開始だったスガシカオさんの新曲のタイトルですが、
曲を聴く前にまず、
ジャケ写がとてつもなく印象的で目に飛び込んで来ました。
濡れた地面に観覧車の影がハッキリと映り込んでいる。
とても綺麗で美しく、目を奪われた位です。

旋律がとても澄んでいて綺麗で、
不思議な世界観のするイントロから始まるこの曲。
どんな歌詞が紡がれるんだろう…、なんて、
全く予期してなかった1曲になるなんて、思いもしなかったです。

歌詞とメロディの一体感が物凄くマッチしている。
まさか轟々と泣くなんて思いもしなかった。

スガさんの魅力が、
どんどん研ぎ澄まされ、磨かれて行っていると実感した曲になりました。

元々あまり綺麗な部分より、ヒトの醜く汚れた部分を歌詞に起こす人ですが、
この人は両極端な歌詞を起こす人でもあります。

私はどっちかというと、
今まではその醜く汚い部分を曝け出し、歌うこの人のメロディと歌詞が好きでした。
でもこの1曲で、その中間を見たような感覚を覚えました。

『この世の全てのことに 答えなんかはある訳もない』
なんて、抜粋しますが、
現在の私の思っている事を、この部分から先の歌詞に
共感を覚えて今も聴いている訳なのですが、
『命とは 理由も意味もなく…』と、このくだりが物凄く共感する。

生まれた事にも死ぬ事にも意味などない。
でも、もしあるとしたならそれはきっと、
今生きているこの瞬間と、誰かと紡ぐ記憶と想い出に
それぞれがあるのだと私は思っているのですが、
そのような事をスガさんも歌詞で歌っていらして、号泣しました。

私は昔から結構ある事なのですが、
自分にとって必要な時に、必要な曲が舞い込んで来る事があります。
…”今”、聴いておかねばならない曲。
”今”、自分に必要な言葉が、年齢に合わせ手に入る事が多々ある。

物凄く感謝をしている事の内のひとつなのですが、
そういう理由もあって、
音楽は私にとって絶対に必要不可欠なものになっているのです。


『雨ノチ晴レ』。
私にとって、名曲になりました。
メロディも、とてつもなく心地良い…。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 生活・日常の風景 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。