2017年05月19日

映画『3月のライオン 後編』ネタバレ有り

そんな訳で、昨日は病院から帰ってから、
映画を観に行きました。
観たのは『3月のライオン 後編』です。

ずっと観たかった映画だったのですが、
何せ咳が止まらないという、映画館には不向きな状況にあり、
全然観に行けないという焦りといらいらがありました。
が!
何とか上映が終了する前に観に行けました。

今回の後編。
川本家のお父さんが出て来ますが、
あの男に対して行った零くんの行動は、
私はですが、全く間違っていないと思います。
零くんは男であり、
頭もまわる事から、
ああいった種類の”お父さん”に対する対処の仕方は、
私から見るに、完璧としか思えませんでした。

川本家の3姉妹に、あの場面で帰るように促された零くん。
私は、何て酷い事を告げるんだろうか、そう思いました。
…零くんは、あなたたちを守ろうとして、
お金をかけ、調べて、あの”お父さん”を今後完璧に近付かせないようにしただけ。
なのに、こんな男でも自分たちのお父さんだから…なんて。

解らないの?!
こういう男は、そういった女性の優しさや弱さにすがりつく、
卑劣で卑怯な人間なのよ!

と、…私は心底この3姉妹に腹を立てました。
どんな想いで零くんは、こういう行動を起こしたのか。
しっかり見てあげて!!!

零くんには、絶望しかありませんでした。
守りたかったものに、逆に裏切られた。
私はですが、そう受け取ってしまいました。

…まあ、今落ち着いて考えてみれば…ですが、
やり過ぎ感や、3姉妹の意思を無視しての自分勝手な、
猪突猛進の零くんのやり方に、
びっくりしてしまった3姉妹の気持ちが、
全く解らない訳でもないのですが………。
それでも、何だか悔しかったのです。

零くんが、対局中に頭をがしがし掻いたり、
叩くシーンは、本当に心が痛かったです。

何ともやるせない気持ちで、苦しかった位です。

でも、零くんは謝りに行きました。
自分の行いの軽率さと、自己中心的な行動を、
恥じてしまう…。

…私だったら、謝りになんて行けません…。
確かにびっくりする位の行動力だったけれど、
それもこれも、皆んな守りたかっただけの気持ちゆえ。

何とも、色々な人のそれぞれの立場の感情が、
ぐるぐると巡って、
何が正しいのか、何が間違っていたのかなんて、
どの視点から見ればいいのか、
迷いました。

そして、零くんの義理の姉・香子、ですが。
私はどちらかというと、昔は香子よりの人間だったので、
香子の中の憎悪や苦しみの気持ちの方が、最後の辺りでは共感を覚えていました。
…零くんが居るから、私は幸せにはなれない。
おまえが居るから、私は認めては貰えない。
そんな気持ちが渦を巻いて育ち、
子供の頃から植え付けられた感情だった。

始めは、香子の事をよく思いませんでしたが、
最後ではその苦しみに同調していました。

本当に、よく出来た映画だったと思います。
映画が終わってから、一人で何処かへ行って泣き叫びたかった位。

…そんな訳で、
色々と感情が揺さぶられる映画でしたね。
上映が終わる前に観に行けて、本当に良かったです。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 映画 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。