2017年05月17日

トゲトゲの理由

この春は、とても調子が良い日が続いていました。
けれど、その季節もそろそろ終えようとしています。

これから梅雨、そして猛暑の続く夏が来ます。
今の状態もなのですが、あまり体調が良いとは言えません。
段々、体調を崩す日が増えて来ました。

こういう時、
凄く悲しくなります。
そして、情けなく思います。
…どうして、いつまで、こんなに苦しみながら生きなきゃいけないの?
と…。

にゃんたんの為に、起きて相手をしてあげていたい。
けれど現実は厳しくて、”起き上がれない”、”異常に眠い”。
まだまだ症状はありますが、こんな症状のオンパレードだったりします。

今日は、呼吸器内科へ受診に行こうと思っていたのですが、
諸事情があり行けませんでした。
相も変わらず、咳は止まりません。
そして、近々にゃんたんも動物病院へ行かねばなりません。

…私の場合、トゲトゲしている時は、
大体は現実にうんざりしている時なのですが、
そんな時は、温かく見守っていただけたらと思います。
苦しくて、吐き出せない事をここに綴るのが、救いでもあるのでして…。

…人の全部を理解するには、
相当なパワーと覚悟を伴います。
大事な大事な友人たちだって、私の100%は理解が困難です。
私は、それをよく知っていて、解っています。
心の近くに居る人。
距離が離れている人。
距離が近い人。
どっちが良いとか、悪いとかではなく、
自分を100%受け入れて貰えるのには、
こちらの情報が十分には足りていない時があったりもするので、
心の行き違いに陥るケースもあります。

それは、そのあとに修正をして、正す事も出来る。
でも…近くに居たら、すぐに謝れるのに、とか、
少しの行き違いを、精一杯誠意で返せるのに…とか、
色々と考えるのです。

一度発した言葉は、相手のトゲになる事もある。
出来るだけそういう状況を作らないようにと努めていますが、
自分の心の調整が出来ていなかったりで、
不意に吐いた言葉が、その後の関係を狂わす事もあります。

人間関係って、難しい…。
相手がどういう意図で発した言葉なのか、
私は分析するのが得意な方なのですが、
それを知って、傷付く事もあります。
逆に、附に落ちる時もあります。
幻滅する事もあれば、温かい気持ちにさせて貰える事もあります。

…本心が見えた時、
私は去ります。

馬鹿にされた時。
見下されている時。
外見と内面のギャップで、幻滅された時。
正しく私を見ない人。
病気を理由に、寄り添ってはくれない人。
上辺の優しさを強制する人。

色んな人たちが駆け抜けて行きましたが、
それぞれに傷付きもし、
そういう相手に関わったが為、
病気を発症した事もあり、
それ以来、例外はありますが、
人を受け入れない体制に入りました。

自分の黒い処が増幅する。
そんな自分が嫌で怖くて恐ろしく、
逃げたくなるのです。

黒く黒く、黒くなるので、
最近は黒の服を好んで着るようになる程です。

どうしたら、ここから脱却出来るのだろうか…。
毎日考える事は尽きません。

すみませんね…。
心も荒んでいる状況なのですよ…。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

繰り返す中で

悲しい事というのは、
この世の中には幾らでも転がっていて、
いつその悲しさが降って来るのかは解らないが、
何時でもそこに、近くにあるものなんだとしたら、
人の考えや思いそれらは、隠されたものだったり、
我慢が出来ずに爆発してしまう事の結果なんだと思う。

人の心は流れるもの。
それは水のようなもんなんだと思った。

流れの速さや遅さは人それぞれで、
場合と時によって左右される事も多々あって、
そこに”他人”が加われば、
大きな海になるのだと思う。

最近の私は変わったと、友達に言われた事があった。

出会いと別れを繰り返すのが必然なれば、
命とは無くなる寸前までが出会いと別れの繰り返しで、
”絶対”な優しさを持つ者は数少なく、
”永遠”も存在はしないものなんだろうか、
と、ふと考えると、
むしょうに孤独を感じてしまい、
自分は独りなんだと思った。

でも時々、そこにまじないがかけられて、
沈んで這い上がれない自分に、
そっと何かを残して行ってくれる存在に気付く事がある。

それは、人だったり、動物だったり。

中々に融通の利かない自分でも、
気付く力は時々人より発揮する方であるから、
嬉しかったり、悲しかったり、辛かったり、
幸せになったりする。

出会いと別れを繰り返して、
そうして地球も成り立っているなら、
私はもうちょっと、
融通の利く人間にならなければならないと、とふと思った。

巡る。
廻る。
沈む。
浮く。

出会いと別れを繰り返す。
それは水のように留まる事を知らない。

傷付いても、
明日には忘れていられるように。
生きる為に、忘れる事も必要なのだと、
悟っているから。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

誰にだって

まだ咳が出ています。
本当にしつこい風邪で、毎日ごほんごほんと咳が止まりません。
市販の風邪薬を続けて飲んでいますが、本当に少しずつしか良くなりません。
早く全快したい処です。
もう1週間以上引いている風邪です。

5月に入りました。
ここ埼玉県は気持ち良い気候がやって来る月ですが、
夏日が始まっている処もあったりしますよね。
その内梅雨がやって来るので、まだまだ衣替えには早いですね。

私は冬服より、明るい色を身にまとえる春や夏の方が好きなのです。
因みに、何度も書いていますが気候は春のみ好きです。
明るい色合いの服を着ると、とても穏やかな…ホッとした気持ちになります。
ピンクや赤、水色やグリーン、オレンジが好きなのです。

人には”イメージカラー”というものが存在しているようですが、
私には、ピンクやオレンジ、赤というイメージカラーがあるようです。
これって、見た目の印象と性格の事も言っているよね…?

自分は見た目と中身のギャップが激しく、
大体不思議ちゃんに思われます。
見た目はほわほわ、ふわ〜〜としているんですって。
でも中身が自分に厳しく、嘘が付けない正直者なので、
「思ってた人と違う」と言われます。
…これって、良く言われてないよね…?
それとも、褒め言葉なんだろうか…?(?□?)
ある男性からは「きゃぴきゃぴしてないよね?」と言われた事もありますが、
これは褒め言葉だったようです。

自分には色々な自分が居て、
AB型というのもあり、色々なシチュエーションで色々な自分が出て来ます。
一時かなり、物凄く悩んだ事があったのですが、
”これが私なんだ”と、腑に落ちた事がありました。
”どんな私も自分。それに何か文句でも?”と納得したのです。

自分はかなりなイレギュラー人間なのは解っている。
短気な処もあるし、
人とはかなり違う位置に居るのは解っている。
でもそれを否定するのは何か違う…と思い始めました。

病気を持っているので、余計に人よりひん曲がっています。
一生治らない病気を抱える事に、大きな心なんて持てない。
そんなもん、理想主義以外の何ものでも無い。
どんなに綺麗な言葉で言い繕っても、現状は変えられないのは解っているのです。
なので、ひん曲がってもいいんじゃない?
と思うんですよね。

綺麗になんて、生きれない。
だから、それごと受け入れて、ひん曲がりながら生きて行くしかない。
黒い処が無い人なんて、居ませんよ。

居たとしたら、それはもっとひん曲がっているのです。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2017年04月30日

どう生きるかを迫られる世界

風邪の影響で、食欲が落ちています。
お昼ご飯を食べるのが億劫で、落ち込みながらもぐもぐ食べています。
ある程度は食べなきゃ回復も無いですから。

そんな訳で、まだ風邪は完治しておりません。
どうやら今年の風邪はしつこいようです。
のりりの職場先の方も、何人か風邪をこじらせているとか。

とにかく咳が止まらないのです。
市販の薬も飲んでいるのですが、少しずつ何となく、
回復に向けて効いているのかな…?な位です。
まあ、風邪の原因を元から断つなんて風邪薬は、存在しないらしいですが。
説明書にも書いてありますが、
風邪薬は”緩和する”のが基本の効き方なので、
ばばーん!と治すものでは無いのです。
もしそれが開発されれば、世界は変わります。

とにかく寝る事が一番の治療になるので、
寝まくっておりますよ。
にゃんたんにはちょっとだけ耐えて貰って、
今だけ寝かせてね、と、ゆっくり寝ております。
その代わり起きたら盛大に、待っていてくれたにゃんたんを褒めまくります。
「ごめんね〜!」「大好きだよ〜!」と…。
色々と状況を説明していると、にゃんたんも大体解ってくれるので、
有り難いですね。
年々言葉のコミュニケーションの幅が増えて行っています。
これも13年生きていてくれているから、です。

見た目は赤ちゃんで、性格も大体自我を持つ位の子供なのですが、
にゃんたんはどんなにゃんたんも可愛いし好きです。
大好きです。
言葉を理解しようと、全力でママを見つめて来るにゃんたん。
…良いこに育ったなあ…。(*T皿T*)
そして、成長したなあ…。(*T皿T*)

身体の事が心配ですが、今すぐ何とかなる病気ではないのは承知。
これから、薬も替える事も検討しています。
腎臓の検査の数値が良くないので、今のにゃんたんに合った治療をして行きたいです。

さて。
私はというと、薬の調整の時期に入っています。
増えたり、減ったり。
季節の変わり目なので、自分で自分の事を理解し、管理しないと、
体調をすぐに崩すのです。
それに合った薬を出して貰えれば…といった処ですね。
ただ、薬によって乳腺症になっているので、
飲める薬も少ないのが実情です。
その中で身体に合った薬を見つける事を何年もやって来ました。
最近は、症状も落ち着いて来ているので、減薬・変更に努めています。
ある程度はもう減らせない位にギリギリの数を飲んでいるのですが、
それでもかなりな量を飲んでいるので、
その内腎臓の方が泣いて来るでしょうね。
覚悟はしています。

命は短いかもしれないけれど、太く濃く生きたい。
にゃんたんより先には死なないようにはしたいですが。

今、地球はおかしな事になっていますよね。
それに付いては色々と言いたい事や思う処はありますが、
いつ死んでもおかしく無い状況です。
だからこそ、日常を精一杯生きる事が大事な時期に入っている。
私はそう思う訳です。
天災か事故か、もっというと人の行動の選択次第では、危うい世界に。
心が痛みますね。
もし亡くなるなら、にゃんたんを護って去りたいと思う位です。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

ビッグデータの終結

情報社会と言われていますが、
ビッグデータなんてものが存在してしまった事が
この世の破滅を生み出しているのではないかと思う昨今。
便利な面もあるけれど、それと同等に非常に危ういシステム。

地球は人間により破滅へ向かう。
恐竜は外から滅びましたが、今度は内から滅ぶ。
何度経験しても、人間は己から滅ぶ道を歩むのです。
ちゃんと歴史ってモンが存在しているのにですよ。
何の為の勉強なんでしょうね?
そういう私もその内のひとつであり、己から滅ばねば
勉強が出来ない生き物です。

結局。
泣いて怒って。
また泣いて怒るの繰り返し。
この連鎖からは逃れられない運命にあるのです。
きっと間違っていたのは、産まれた瞬間からでしょうね。

まだちゃんと向き直っていない自分は、
きっと傷が癒えないが故。
一体何処まで後退すれば許して貰えるのだろうか。
進んでも、進んでも。
まだまだ足りない。
もっと後退しなければ、幸せにはなれないのです。
いえ、そもそも幸せになる為に生まれて来たのではないから。
只々、”知る”為に生まれて来たのですから。
それだけ。

人は幸せになって行くのに、
私だけがいつも置いて行かれる。
いつか失ってしまう事も、何も持っていなかった事も、
昔から変わらないのです。
蔑まれても、そんなものにはとっくに慣れている。
優越感を覚えられても哀れに思われても、
そんなものよりもっと酷いものを背負って生きて来たので、
本当に只、知る為だけに生きているのだと実感させられる。

…そんな私は、間違っているのでしょうか…?
いつも答えが見つかったようで見つからない生き方をしている。
人によっては不器用な生き方で、
決して正しくない生き方で、
どんな風に思われてもある意味ブレない可哀相な者であるように。
私は只、独りその一瞬だけの為に生きているのです。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

怖い本厄

真綾さんもラジオでおっしゃっていた事ですが、
私も節分までは本厄でした。

厄払いをするかしないか、結構迷っていた1年前。
結局せずに1年を過ごしました。
そのせいか、
たまたまヤブ医者に掛かってしまい、
歯の神経を3本も抜かれてしまいました。

何故か、歯の痛みを訴えると、
「衝撃が加わったんだね?」
と、覚えのない事を言われてしまい、
「衝撃?」と聴き返したら、
歯の裏に穴を開けられ、何も言わずに抜かれたのです。

以後、
神経を抜いたせいで歯が黒くなっています。
怖いので、その歯医者へは行かず、
別の歯医者へ行ったら、
「本当は神経なんて抜かなくて良かったんだよ!」
と言われ、今に至っています。
「もう、全部神経抜かなくちゃ」
とも言われ、怖いのでそれ以来行っていません。

ああ〜、歯をダメにしてしまった〜。
もう、後悔先に立たず。
前歯の神経を抜いたので、目立つ目立つ。
これからどうやって人に接すればいいんだ!状態です。
ぷんぷん!

そんな訳で、今年は後厄です。
厄払いへ行こうかと、真剣に考えています。
調べたら、意外と近い処でやっているそうで、
予約をして行こうかと…。

前厄・本厄・後厄。
大事です、皆さん!(;´0`;)

真綾さんは肺炎に掛かられましたし、
あながちこの厄払いというのは侮れません。
身を持って知りました。

今年は絶対に、厄払いへ行きます!!!
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

理由

お久しぶりです。
ご無沙汰していました。
何度も足を運んで下さった方がいらっしゃいましたら、
本当に申し訳ない思いでいっぱいです。

この2週間弱、何をしていたかと言いますと、
少し休養をしておりました。
一旦全てを自分から切り離して、
心と身体の休息を計っていました。
お陰で大分楽になって来た処です。

このブログを見ておられる方々は、
一体どんな方々なんだろう…?
なんて、何処を経由して辿り付かれたかは、
本当に人それぞれだと思いますが、
”見られる事”に不慣れな私は、
本当に、ひっそりと書いていたつもりだったのですが、
私が、”アクセサリー作家”だと認識されて来られた方にとっては、
異端だったんじゃないかと、
ふとそんな疑問に陥り、
恐怖におののいておりました。

元々、
このブログを始めたのは10年以上前で、
その頃の私は、アクセサリー作家でもなく、
ただただ背負って来たものが深く、
足掻いて足掻いて、
必死に生きる事だけを考えていた
一人の、闇を抱えた人間でした。

その道のりを記したのが、このブログだったんです。

ただただ、自分が生きているという事の確認が欲しかった。
内に秘めた過去の歴史を、誰かに大声で訴えたかった。

ただそれだけだったんですが、
いつの間にかそんな自分が、
一歩前へ出て、
良い機会に巡り合い、
アクセサリー作家という華やかそうな仕事に就き、
お客さまに接する仕事をしていたというのが、
現状です。

…昔から見て下さっている方は、
どの位いらっしゃるんだろう。
そして、最近覗いて、
見始めた方、
または時々の方々は、どの位…?

数値が記す上下が、怖くなっていました。

ブログというものが、
まだまだ浸透していなかった頃から書いていたので、
最近のSNSの普及には驚くばかりの自分が居て、
足を踏み入れたら、
楽しさより先に立つものが出て来ていたのです。

気付いたら、ただの孤独な人間でいられるような立場じゃなかった。
華やかさの裏にある私の人生が、否定されている事にも気付きました。

アクセサリー作家は夢を売る仕事なのに、
そんな私が、果たしてこのようなブログを書いていて良いのだろうか…?
ずっと思っていた事でした。

怖くて怖くて、仕方なかったんです。

なので、プライベートと仕事は切り離したい。
そう思うようになっておりました。

人に認めて貰い辛い考えかとも思うのですが、
作家を続けているが故の、葛藤があったのです。

誰かに訴えたい、から、
誰にも見られたくない、に、
変化していた自分に気付きました。

…ブログが、書けなくなって来た。
そんな感情に支配され…。

病気と私は、切り離せない。
でも、華やかでなくちゃいけない。
皆んな、どうやって暗闇を隠しているんだろう…?
他の作家さん方の事が、気になり始め。

現在も、私の中で答えが出た訳ではなく、
考える事が、考えなくちゃいけない事が、
沢山ある中、
それでも毎日、病気と闘い続けていて、
そんな日々の中を、蛇のように擦り抜けて行く事に精一杯で、
もがいています。

…買いづらくしてしまって、ごめんなさい。
これが私なんです。
でも、やっぱり買いづらいよね…。
ごめんね…。
そんな思いで、いっぱいです。

華だけじゃない自分に、泣きそうな自分が居る事にも、
自分の中には、他人に理解し辛い暗闇がある現実にも、
目を逸らせない。
そんな私が居るのです。

中途半端な記事になってしまって、ごめんなさい。
ただただ、
蛇のように、亀のように、
歩いて行く事しか考えられないのが、今の現状です。

ごめんね…。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

感情欠乏

低体温と高体温が、交互にやって来ます。
夜になると熱を出すようで、結構ツラいです。
低体温になると、寒くて身体が強張ってしまい、
持病の肩凝りが更に酷くなります。
む〜ん。(−へ−;
仕方が無いので、後でマッサージ機でゴゴゴ…。

『3月のライオン』のアニメを観ているのですが、
毎回このアニメには泣かされます。
前にも書きましたが、いっつも泣いてしまい。(;T□T;)ノ
昔、自分が味わった事のある感情…、
そんなものが、沢山散りばめられているのです。
あの頃の自分と主人公が重なって、泣いてしまう…。
”寂しい”と言えない自分。
”孤独”な自分。
”戦うしか無い”自分…等々。
振り返る事が出来ない自分や、
それをしてしまったら、生きて行けないだろう自分の事や…。
私は、痛い・辛い、そんな自分の中の感情を、
最近は置いてけぼりにしています。
あまりに沢山の傷を負ってしまったので、
今、感じられなくなっているのです。
”感情”が、”半分”落ちた。

これは不味いと自分でも感じているのですが、
どうにも、にっちもさっちも行かないです。

凍った心が、春には溶けますように…。
そう、祈りを捧げたい気持ちで、毎日を送っています。

私の半分の心は、現在何処へ行ったのだろうか…?
はて…。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

下手な生き方

お、お、お、大掃除の続きをしました。(−Д−;
そして、作品作りに、家事に料理と、てんこ盛りです。
へなへなへな〜。
くたっ。

…う〜ん。
『頑張る』と『無理』の違いとは何だろうか。
ずっと走って生きて来たので、
頑張らない自分を、私はあまり知らない。
寧ろ、頑張らない自分は駄目。
生きて行けないとさえ、思ってしまう位に…。

でも、頑張るって気持ち良いんですよね。
『生きている』
『時間が過ぎて行く』
そう、感じる訳ですよ。

…何かを吸収している時が、
一番、生きていると感じるのです。

忙しいのは苦手だけれど、
忙しくない日々はつまんない。

刺激を受けると、
ダメージが健常者の倍以上感じるけれど、
楽しかったり、嬉しかったりする。
『生きている』と思える。
刺激が無いと、
何とも言えない虚無感や孤独感を感じる。
『耐え難い時間』に感じるのです。

…だから、人は人を欲する。
私もその内の1人、という事ですね。

最近、やっと健常者の時間の感覚が、
解って来ました。
朝起き、昼働き、夜寝る。
働くといっても、仕事だけではなくて、
家事をやったり料理を作ったりするという意味です。
…そして、夜は疲れて眠る…。

これが、普通なんですよね。

さて。
明日からは、12月。
頑張って掃除を続けます。

”やりたい”と思ったら、
やらざるを得ない気質なもので。
そうなってしまうと、もう止められない。
自分が納得するまでやり続けます。

で、身体の何処かを壊すんですよねえ〜。
いい加減、学ぼうよ、にょんにょんちゃんよ。
おねえさんは心配だぞ、君の未来が。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

悩んで…

嘘。
偽り。
そんな自分は自分じゃない。

有りのまま曝け出せたら。
自分が自分じゃなくなる。

不安定な石の上を渡るような気持ち。
先には絶望か、救済か。

ギリギリの処を歩いてる。

何故
こうも課題ばかりを押し当てるの?

課題ばかり、課題しかない。
あれを通過すれば、
またこれが通過し、
次の課題がやって来る。
そんな人生ばかり。

一体、自由になれる日は…。

それでも生きなきゃいけない。
もう、諦めたいのに…。

もう、諦めたい。

でも、まだ許されない。

もう、全て味わい尽くした。
だから、もう開放して欲しい…。

悩んで悩んで悩んで…。
悩んで…。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

名前

この間の動物病院の帰りに、
スタッフさんに
「なんで”にゃんにゃん”なんですか?」
と、聴かれました。
「にゃんにゃん鳴いてたんですか?」と…。(・・;

凄ーく返答に困ったのですが…。
まあ、何となく答えておきました。

まさか私のHNが”にょんにょん”で、
それに合わせてシャレみたいなもので、
”にゃんにゃん”とつけたなんて…。
い、言えなかった…。
と、言っても、
軽くつけた訳ではないんです。

私にとって、HNの”にょんにょん”は、
その時の気持ちで、何となくつけたんですが、
(※本当は、”にょ〜ろ〜ん”というHNも考えていました。)

のち、字画的にも、
色々と幸運を招くという占いの結果が、
色々な処で出ていて、
これは何か凄く、縁を感じるなと思い
関西のノリ風で、
「2人合わせて、にょんにゃんで〜す♪」と、
自己紹介がし易かった為だったのです。
(※当時は、関西に住んでいた。)

にょんと、にゃん。
何だか、当時物凄くしっくり来たのです。

お陰様で、
色々な”縁”を呼び込みました。
ずっと大事にしているHNだったのです。

そして、にゃんたんの名前も、
今も大事にしている名前です。

アクセサリー作家としてのHNは、
とてもじゃないけれど
太陽や月にはなれないけれど、
沢山ある星々の中で、ひとつの輝く星になれれば…。
そういう意味を込めて、
決めました。

名前を変える事自体に、その時は凄く迷いもあり、
悩みましたが、今では作家の名前は、
これが一番だと思っています。

私は、
『名前というものは、運命を左右する最初の生の課題』
だと思っています。
これは、『一生の課題』だとも思っています。

のりりの話では、
医療の現場で、”名前に左右されて…”
なんて、実は結構ある話…。

あまり大っぴらには言えませんが、
課題の強い名前を与えると、
それに見合うか見合わないかで、
生と死を分かつ事もある。

全部が全部、
そうだとは言い切れませんが、
事実、あるんですよね。

私の母親は、あまりに強い課題を、
私の名前につけました。
お陰で、苦労する人生を歩んでいます。

ある先生に、
物凄く納得をされた事もありました。

なので、
”名前”は、非常に強い意味が、
目には見えない何かが、宿ると思っているのです。

キラキラネームが流行りましたが、
幼馴染は、そのキラキラネームを長男につけています。
正直、凄く心配だったりします。

”名前負け”なんて聴きますが、
子供が将来、大人になって、
その名前に負担を覚えないと良いのですが…。
ただ、それだけが心配です。

母親自身は、名前負けをしてしまい、
ずっと親を恨んでいました。
「全然幸せになれないわ!!!」と、
「これの何処が幸せな名前よ??!!」と…。

…おばあちゃんは、
本当に幸せになって欲しいと、
そう思って、つけたんだと思うよ、母さん…。
ただ、戦争が切っ掛けで、
幸せにしてあげられなかったって、
凄く悔やんでいたよ…。

母さん、おばあちゃんは…
アンタに逢う為に、
苦労して、ブラジルまで呼んだのに…。
もう、一生に一度の、最後の対面だと想いながら…。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

攻撃

最近、にゃんたんが眠っている時、
「ちゅぱちゅぱちゅぱ…」と、
何かを吸っている夢を見ているのか、
口がそう動いているのです。

…子供がえり…?
ママ、びっくりでした。

今まで、
何かを食べている夢を見ているんだろうな、
と、思うしぐさを見せた事は、
もうよくあった事だったのですが、
まさか、ちゅぱちゅぱちゅぱ…。

あまりに可愛いので、
ママは黙ってじっと見守っています。

夜中にあったんです。
…何か、音がするなあ…と思い、
ふと目覚めてみると…という感じで、
にゃんたんの方を見たのですが、
その時に、
やっぱり、ちゅぱちゅぱちゅぱ…。

くちゃくちゃくちゃ…とか、
もぐもぐもぐ…は、あったのですが、
これは初めて見ました。

かわええよ〜。

悶えるママ。(///×▽×///)シ
あああ、にゃんたん〜♪

あと、いびきにも色々とバージョンがあります。
「すーくー、すーくー」や、
「くぅ〜ん、くぅ〜ん」、
「ふぐ〜、ふぐ〜」や、
「ぴー、ぴー」など。
ネコもいびきをかくんですね。

さて。

昨晩から体調が思わしくなく、
今日は昼辺りまで、ずっと起き上がれませんでした。

ずっと毎日、頓服を飲んでいるので、
昨日はどうしても、腎臓の事を考えると
休ませたいと思ったのです。

…しかし、やはり飲まずにはいられない。
心のバランスが保てずに、
結局、寝込んでいたら気持ち悪くなり、
おかしくなりそうだったので、
深夜に頓服を飲む羽目に…。

もう、酷い状態です。
…これは、薬に依存していると言ってもいいかと…。
依存、という言葉も当て嵌まってしまう状態になっています。

生きられない、薬がないと。

目に見えない恐怖と、地獄が見えて来る。
そんな毎日を、薬で紛らわす。
その繰り返し。

…いいのか?
…良くないだろう。
何とかしなくては。

…焦っているのが現実です。

抱える問題は、そう簡単には解決出来ずです。

でも、色々な人に救って貰った私の命。
無駄にはしたくない。
…何とか、脱する方法を…。

今はその場凌ぎでも、
近い内に、
絶対にだいじょうぶだよ。
そう、それぞれに言えるようになりたいのです。

目をつぶると、あの時の孤独と恐怖が蘇り、
何とも言えない逃げ場の無い生き方が、襲って来る。

でも、『違う』。
あの時と同じではない。
あの時とは、環境も状況も、
時代も違うのだと、自分に言い聴かせる毎日。

二度と嫌だ、あんな生活は。

ぐっと、堪えて、自分を納得させて行かねば。
そうじゃないと、生きられないのです。

誰だって、闇を抱える。
抱えているのに、他人には酷になれる。

…それが、当時知った”人”というもの…。

蹴落とし、罵倒し、のし上がって行く。
それが、”人間”だった。

だから、攻撃的な服を身にまとうのです。
深い緑や、濃い赤。
誰も私に近付くな。

そう、周りに言い付けるのです。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

貴婦人?

自室の掃除を、ずうーっとしていました。
お陰でヘロヘロです。(==;

衣替えをしたり、古い服をまとめたり…。
え?まだ衣替えをしてなかったのかって?
そうなんです。
何だか、暖かい日が続いたと思ったら、
凄く寒い日もあったりで、
中々踏ん切りが付かずに、
ずうっと、夏用の段と、冬用の段を、
毎日、交互に開けては移動させたりで、
中途半端なままでいたのです。

もう、いい加減イライラして来たので、
きっぱりと、秋冬ものを全部出し尽し、
夏ものをきっぱりと仕舞いました。

すっっっきりです。(*−▽−*)

しかし、服が増えた。
まあ、20代に着ていたものと、
30代で着ているものがミックスされたままでいるので、
もう、いい加減切り替えなきゃと思い始めています。
遅いよ!

と、
そんな訳で、この秋頃から、
服のチョイスを変えています。

ああ、寂しいよ、ミニスカートたちよ!
でも、もう足は出したくないです。(TДT;
膝丈が好きになりました。

こうやって、変わって行くんですねえ〜。
年齢と共に。

でも、
その歳でしか味わえない服というものがあり、
やっと、この年齢になったから
着れるなと思う服もあったりします。

千鳥格子が似合うようになり、
大人になったなあ〜と、しみじみ…。

20代前半で買った、
千鳥格子のハーフコートがあるのですが、
(興味が無い方、ごめんなさい。m(_ _)m)

あの頃は、
全っっっく似合う事無く、散々笑われ…。
くぅ…!
思い出しただけでも、腹が立ちます。
気合入ってると、ゲラゲラと…。
これが普通なんだ!と、怒りたくなりましたが、
ぐうっと堪えました。

タクシーのおじさんには、
親父の「奥さんですか?」と、言われたり…。
「は?」
あの時程、気持ち悪いと思った事は………。
千鳥格子。
そんなに貴婦人っぽく見えますか。

珍しく服の話をしてしまいましたが、
基本、ピンクが好きなんです。(///−−///)
えへへ。

服装の幅が広がりました。
年齢と共にね。

服と言えば、
にゃんたんにアクセサリーを着けさせてみたいと、
常々思っています。(///愛▽愛///)
しかし首周りは怖いらしくて、
この12年、全然着けさせてくれません…。
ママ、作ってあげるからさ…
ちょっとだけ、着けてみない?
お写真撮るだけでもいいからさ…
何なら、蝶ネクタイでもいいよ?
ねえ?にゃんたん…

と、思い続けて12年です。
はい。
ママの憧れですね。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

バースディ

今日は、私の誕生日でした。
埼玉では、ぽかぽか陽気の晴れ渡る青い空が見え、
最近にしては珍しく、
そんなに寒くの無いお昼を過ごしていました。
にゃんたんがぽかぽかと日光浴をしていて、
そんな、普通の中の、
今日だけは、”特別な普通の日”で、
有り難く、
幸せな日を過ごせた事を、感謝しております。

ありがとう。

新商品に使うパーツが、届きました。
やっとです。
今日は仕事をしない日と決めていたのですが、
創作意欲が湧いて来るので、
制作に取り掛かりました。

次回にアップしようと思っていたものは、
試行錯誤の上、
少し見送る事にしました。
今の私では、力が足りていないのです。
また、これは合間を縫って、
勉強して行きたいと思っている処です。

さて。
そんな訳で、
新商品は、別のものを作りました。
ほぼほぼ完成までこぎ付けました。
随分、長く新商品をアップしていなかったので、
やっとという思いです。

明日以降、
撮影をして、画像処理に回します。
まだまだアップには時間が掛かりそうですが、
良いものが出来るように、ファイトです、自分。

今日の晩ご飯にも、
じゃがバターを食べました。
美味しいお芋は、シンプルにバターを乗っけて
食べるのが、一番素材の味を楽しめるような気がして、
別の調理方法も沢山ありますが、
どうしても、このじゃがバターだけは止められないです。(*−−*)
美味しい…。
ハマっていますね、完全に。

そんな訳で、
今日はとても心地良い1日を過ごしました。

明日からは、また通常モード。
未来は未知だけど、
『だいじょうぶ』と言えるように、
模索して行きたい。

そうそう、
CLAMPの大川七瀬さんのインタビューが載った記事を読んだのですが、
ストイックな意見でもあるな、と感じました。
酷ですが、共感もしました。
しかし、頷けない話も。

人と人とが、
”解り合う”というのは、非常に難しいですよね。

でも、私はそこを超えた”理解し合う事”を、
選びたい。
それは、今の処、私の中ではブレない認識です。

エネルギーは半端なく使いますが、
それでも超えたい何かがある相手となら、
超える人生を選びたいです。

それが、凄く近くにあるのか、
まだ出会えていない相手なのか、
男女関係無く、
そういう巡り合わせは、大切にしたい。

とにかく、今の私の課題は、
”選択肢を間違えない事”です。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

寄り道人生

ふ〜〜む…。(*−−*)
作品のアイデアというものは、
色々なものを見て、自分の中に蓄えて、
噛み砕いて出て来るもののようです。

作りたかったものを作り終えると、
空っぽになった感じがしてしまい
本当に次のアイデアは出て来るんだろうか…?
なんて考えた時期もありましたが、
出て来るんですよ。
不思議…です。

『制作・創造』というのものに触れて、
大分経ちました。
なので、
自分の中で、それらが定着しているようですね。
まだまだ未熟なので、
もっともっと上を目指して、
創作をして行きたいです。

元々、図化工作や美術が好きで、
学生の頃はよく”5”を取っていたのですが、
反対に、体育はいつも、”1”でした。
担任には、
「これを平均出来ればいいのにね…。」
と、真剣に溜息をつかれましたが、
未だに私はその考え方には、賛同出来ません。

”平均”を取る事より、
何かに特出したものを持つ方が
絶対にいい!!!
…子供の頃からずっと思っていた事です。

でも、
当時は”平均が良い”とされていた時代で、
今はどうなんでしょう?
未だに”平均が良い”という風潮は、
あるのでしょうか?
解りませんが、
のちのち、
こういった人生を歩んで来て、
やはり得意な事があって良かったと思いました。

色々な職種を渡りましたが、
中でも
家の平面図を描く仕事は楽しかったですね。

子供の頃から、
家の平面図のチラシを見るのが、大好きだったのです。
よくそんなチラシを、何枚も数時間眺めておりました。

それを見て、
「将来、住む家はこんな処がいいなあ〜♪」
なんて、夢見ていたんです。

その内に、
”手描きで描かれている”という事を知り、
(※当時は家の平面図は手描きが多かったんです。)
”私も描いてみたい!”と思ったのが、
この仕事をやり始めた切っ掛けでした。

でも、
1日8時間以上描いていても終わらなくて、
徹夜が当たり前でした。
その割に、お給料は安く…。

交渉をしたんですが、
結局話し合いに応じてくれずに、
キレて辞めました。(−"−;
…今でいう、ブラック企業…?

その後、今度は平面図を起こす仕事もしましたが、
…あれは、もう無理です。(TДT);ノ

物凄く難しいんですよ。
あの時も、寝ずに仕事をしてました。
簡単な家なら今でも描けそうですが、
でも現代では、
もうパソコンで描くものでしょうね。

丁度、
手描きの良さと、
パソコンの快適さの狭間に
差し掛かっていた時代だったのです。

色々やったけれど、
やって良かったなあ…と、今では思います。

全く違う職種もしましたけれど、
私には、今やっているこの仕事が、
一番しっくり来るようです。

人生なんて、寄り道ばかりした方が、
色々と見えて来るものもあるんです。

まあ、一本道も、
歩めたら歩んでみたかった気はしますけれど。
でも、そうしていたら、
今の私はいなかったです。

あ、それも有り?(・▽・;
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年10月23日

視えないものでも

にゃんたんが、便秘気味です。

ママに訴えるので辛いのでしょう…。
近々、動物病院へ連れて行きたいと思っています。
食欲はあるようなのですが、
食べても出ないというのは、辛いですよね…。
水素水を飲むように促しているのですが、
飲んでも出ないようなのです。
…それとも、腎臓の方に何かあるのでしょうか…。
ママは、心配です。
出来るだけ早くに、連れて行きたいと思っています。

…季節はあっという間に移り変わり、
気付けば、もう寒く、
冬がやって来る、そんな準備の期間に入りました。

今年は、色々とありました。
年女兼厄年な訳なのですが、
お祓いしておけば良かった…と、
後悔をしています。

元々、そういった事をした事が無い私は、
どういったものか全く知らずに、
この年を迎えたのですが、
…私は、
仏に物凄く左右される人生を歩んでいる体質なので、
高校生の頃のある出来事が蘇り、
増々、厄払いをしておけば良かったと、
更に後悔をしています…。

人生の転機を迎えると言われる年…。

歯を1本、
数十年後に失う事に繋がった年でしたし、
夏は、最悪の事態に追い込まれ、
その為、病気が悪化をしていまして、
毎日の頓服が欠かせなく、
物凄い数の薬を飲んでいますし、
にゃんたんが病気になった年でもありました。

でも、『年女』は、
縁起が良いとも言われています。
『年女』と『厄年』が重なったので、
悪い事と良い事が、同時にやって来た年になった訳です。

…忘れもしない、高校生の頃の話ですが、
母親が、キリスト教系の宗教に入っていた事もありまして、
私は幼い頃から、
神社や仏閣を訪れる事の無い人生を歩んでいました。
母が、行く事を禁止していたのです。

しかしある年。
どうしても、皆んなが行く”初詣”とやらに行きたくて、
友達と2人で行った事があったのです。
…覚えている中で、初の”初詣”でした。

しかし、神社の境内に入ると、
何処からともなく、物凄い視線を感じたのです。
(何なんだ?これは??!)
と、辺りを見回しても、その存在は目では確認が出来ず…。

そのまま、奥へ進む事にしたのですが、
更にその視線は増すばかりでした…。

『怖い』とも違う。
とにかく、物凄い”圧迫感”を感じました。

そして、更に奥へ入って行くと…。
どうも、”座敷童”に会っていたようなんです…。

目では見えない。
でも、視えるんです。
ずっと、目が合っているのを感じていました。

そして、そのまま帰った訳ですが…。
その年。
人生で一番、良い年になりました。
座敷童というのは、
一般的には古い家に住み着く、といういわれはありますが、
実際には、神社にも居るという報告がありますし、
古い家でなくとも、
人間の居る場所になら、居着くものらしいです。
まあ、会ってから後に、調べて解った事でしたが…。

そして、翌年。
私はある事情があり、初詣には行かなかったのでした。
すると、今までに無い位の不幸が。
そして、私は高校を中退する程の、
人生のドン底へと堕ち…。

その後も、ある場所で、『お狐様』に出会い、
酷い目に遭いました…。
あれ以来、お狐様とは相性が悪いという事が発覚し、
お狐様の居る場所へは、出来るだけ行く事を控えるように…。

あの霊的感覚は、
身を持って味わわないと、感覚が絶対に解らないものです…。

とにかく、
それ以来、初詣は欠かさずに行っています。
…エホバには救われず、…仏には救われる。
どうやら、そういう”体質”と言ってもいいのでしょうか…?
霊的感覚が強い時期がありました。

今は、トーシツに掛かっており、
薬でその感覚を抑えられていますが、
お狐様とは、相容れないですね。
口にするのもおぞましい…。
そんな出来事がありました。

…京都に住んでいたからでしょうか。
”そういう”ものに、出会い易かったのは、
確かだったと思います。

しかし、今住んでいるこの埼玉は、
京都と比べると、気が澄んでいない…。
それは、解る位に神聖ではないです。
引っ越して来て、一番に感じた、
残念な事でした。

数の少なさにも、唖然としたものでしたし、
あまりに神聖ではないので、愕然としていた過去。
あの頃は、まだトーシツには掛かっていなかったので、
霊的感覚は健在でした。

埼玉県の皆さま、ごめんなさい。(=Д=;
だって、あまりの違いにビックリしたんだもの。
あのショックと言ったら…!
ああ…!(( ノД`)
神社やお寺だけは、京都が一番!
贔屓目でしょうか?

とにかく、
今は神聖な神社へ行きたいです…。
気が欲しい…!

上手く言えませんが、
最近は、少しずつまた、
”神聖な空気”が、解るようになって来ました。
これが、病気の故なのか、
本来の持っているもので感じているのか…。
見当が付きませんが…。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(2) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

こだわりもの

な、何だか、凄く寒かった1日でした。(@皿@;
例え私が、涼しいのが好きだと言っても、
この寒さには、参りました。
お陰で、喉の痛みが中々引きません…。(TДT;

夜は、冬用の掛け毛布を出しました。
寝具には、
結構気を付けている方なのですが、
夏用の、ガーゼの掛け布団が大好きで、
そのガーゼにさよならを言わなければならないのが、
苦行でした。(TДT;
おおお、ガーゼよ、もう私を癒してくれないのかい。

枕にも、こだわりがあります。
睡眠障害を持っているので、
薬局の薬剤師さんにも、言われているんです。
「寝具を替えると、眠れる事がありますので」と。
なので、私の枕は少しお高めになっちゃってます。

肩凝りと、頭痛と、吐き気が無くなったのだから、
余程、
今まで合っていない枕を、使っていたかという事ですね。

本当に、肩凝りから来る吐き気って、
かなり辛いですので、
枕だけは、それだけは譲れないものです。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

越えたコンプレックス

今日は、歯科へ行く日だったのですが、
止めました。(=△=)

現在、
神経を少しずつ抜いている処なのですが、
色々と調べていたら、
その前歯の神経を全て抜くと、歯が死ぬらしいのです。

20年位で死んでしまうらしく、
そうすると、私は50代で、歯を1本、
失ってしまう事になります。

始めに行った歯医者を、間違えました。
あの歯医者さえ行ってなければ…なんて、
今じゃ後悔しても仕方が無く、
諦めました。

しかし、少しでも長く、歯を残したいのです。
例え、将来膿が出来たとしても、
その時に治療をすれば良い、
なんて、
あまり詳しくはありませんが、
そう思いました。

しかも、一番目立つ、上の前歯なのです。

これを失くしたら、人前で笑えない。
おおおお、ぞぞぞぞぞ…。

とにかく、
現在は、痛くも無く、
ほとんど違和感を感じないので
そのまま、少し様子を見る事にしました。

昔、昔、
誰かが、
「歯は大事にしろよ?」と言っていたのを、
おぼろげにずっと覚えていて、
遂にあの日の言葉が、今になってリフレインしている。
今回、酷い知覚過敏になったのは、過度のストレスのせい。

色々と残したいものがあるので、
(内臓系です。)
今、生活改善を、
出来ればしたいと思っている事が、幾つかあるのですが、
どれも急には出来ないものです。

病気の症状なので、
中々融通が利かず。

しかし、ここで焦ってはいけない…。
ストレスになって、逆に戻ってしまう事も…。

厄介ですが、
少しずつ、少しずつ、
改善出来ると良いなと、思っています。

ちょっと話は変わりますが、
特に、ここ数年で変われた事は
あんなに嫌いだった、
『料理が出来るようになった』事が、
一番、今びっくりしている事です。
(お菓子作りじゃないですよ〜。)

学生の頃、自分でお弁当を作っていたので、
料理嫌いになっていた期間が、
かなり長かったのです。
10年以上、料理が嫌いになったままでした。

しかし、ここ3年は、作り続けている。

一番嫌いで、旨く作れないあの頃のコンプレックスで、
良い思い出の無い弁当作りが、
今や好きで、料理を作っているのです。

人間、変わります。
本当に、自分にビックリ…。
美味しいご飯が作れるって、しあわせ。

そんな訳で、今日も料理をしました。
ちゃかちゃかっと、炒め物を。

ニンジンさん、もやしさん、長ネギさん、
卵さん、豚肉さん。

蓋をして、少し蒸して時短です♪

料理って、楽しい。
そして、美味しい………!!!(*^▽^*)ノあはは。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

出身地の言葉

私の心の中は、
関西弁と標準語が、
半々で喋っています。

どうしても抜けない、関西弁。
もう12年も、関東に住んでいるのに…、です。
関西に住んでいた頃は、
関西の人が東京へ行ったら、
心の中の声は、どっちの話し方になるのだろう?
と、凄く凄く、不思議に思っていました。
やっぱり、関東弁になるのかな?と。

そもそも、
関東では、『関東弁』という言葉自体が、
存在しない事も、
大分経ってから解りました。

代わりに、『標準語』という言葉が、あるんですね。
なので、関東弁と言っていた自分が、
今になると、ちょっぴし恥ずかしいです。

そして、身体や心の調子が
極端に悪くなると、
関西弁に戻ります。
いわゆる、一番
”素の自分”に、なるんだと思います。

子供の頃から
馴染んでいた場所の言葉は、
それ程に、影響力があるのだという事が、解りました。

なので、私から関西弁が出て来たら、やばい。
と、のりりは言ってます。

…確かにな。

何だか、悔しいです…。(−−;

そして、未だに標準語が、
間違っている事が多い…。

これも、かなり恥ずかしいです。

関西で、標準語を喋っている感覚でしょうか。
…めちゃめちゃ恥ずかしいやんか…。

どうやったら、
きちんと標準語を、話せるようになるのだろうか。
テレビを観ていても、話せないのです。

結構、ダメージがある。

昔、母親が言っていた事が、
今更に解った気がします。

母は、元・琉球民族で、
いわゆる、沖縄出身の人間です。

なので、本州の言葉が、かなり話せない。
それを、コンプレックスにしていました。

周りが、あまりに言葉が違うので、
「何処の人?」と、よく聴かれていた母ですが、
何が何でも、絶対に
”元・沖縄の人間です”とは、言わなかった。

あの屈辱感といいますか…。
見ている私の方が、恥ずかしく、
悔しく思った次第でした。

「はっきり言えば???」と、
「言った方が、周りも納得してくれるよ?」
そう、何度も何度も、
母親に言いましたが、
結局、周りには、言いませんでした。

…あの時の、母の気持ちが、
今になって、少し解った…。

そんな、秋です。
感慨深く、なるものですね。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

四季

「子は親の為に居るのよ!」
と言う、母親の声が蘇る。

嫌な過去です。

秋が来ると、ふと、
そんな昔の事を思い出す。

これは、季節が持って来る夢。
もう、遠く遠く、
二度と来る事のないように、
忘却する為に、
必要な夢。

左右にぶれて、その内止まるものです。

だから、秋が好きで、春が好きで、
夏が嫌いで、冬が嫌い。


でも、一番嫌いなのは夏。


その、夏から移り変わるこの季節が、
私の休憩場所。

忘れていい事を、許してくれる、
大事な季節です。

春は、もんやりした、パステルな世界。
幸せを受け入れてくれる、唯一の季節。

一生、秋と春なら、いいのに。
posted by にょんにょん at 00:00| Comment(0) | 私という人間 | 更新情報をチェックする